淡路島 天然ラジウム温泉 料理旅館 海若の宿

大切な人と過ごす極上の時間を、淡路島・海若(わたつみ)の贅沢空間で――。

大切な人と過ごす極上の時間を、
淡路島・海若(わたつみ)の贅沢空間で――。

淡路島の天然ラジウム温泉 料理旅館「海若の宿」は、夕陽を眺めながらゆったりとおくつろぎできる旅館として、平成17年の創業以来、多くのお客様から愛されてきました。くにうみ神話の島・淡路島は万葉集に縁(ゆかり)が深く、その昔、天皇家に食を献上したことから「御食つ処」といわれていました。 そんな悠久の地・淡路島に誕生した海若の宿は、源泉かけ流しの天然ラジウム温泉と、淡路島の食材を使った旬の創作料理が自慢の隠れ家的温泉宿です。

夕陽のみえる宿

海若の宿の自慢は、サンセットラインの夕陽を目の前でご覧いただけること。
西浦海岸の水平線に沈んでいく夕陽の光彩は海に反射し、オレンジ色の光景が広がっていく様は圧巻です。
文学博士、中西進先生のコラムの中にも
「赤い輝きを華やかに広げながら、大空全体をさながら美の饗宴のように彩りつつ、沈んでいった」
このように、海若の宿から見た夕陽の美しさを表現されています。
播磨灘に落ちる野島の夕陽は、夕陽百選にも選ばれる素晴らしいサンセットポイントです。
宿では万葉の息吹きに触れながら、夕陽の“美の饗宴”をご覧いただけます。
天然ラジウム温泉

天然ラジウム温泉

当館の湯は、敷地内に源泉を持つかけ流しの天然ラジウム温泉です。
ラジウム鉱石が壊れていく過程で発生する気体元素「ラドン」は地球上でもっとも少ない元素とされており、空気より重く、水によく溶け、決して化合物を作らないという特徴と、自然界の物質中もっともイオン作用が強いという性質があります。
入浴中に皮膚や呼吸によって体内に取り込まれたラドンのイオン化作用が、健康維持を側面からサポートするといわれています。
"くすし湯"と名付けられたこの温泉は、薬効温泉に認定されています。

淡路島の味覚 -島の幸-

淡路島で遊ぶ

詳しく知る

お部屋

[su_service title=”アクセス” icon=”icon: automobile” size=”14″]:〒656-1721兵庫県淡路市野島蟇浦150 淡路島天然ラジウム温泉 料理旅館 [海若の宿][/su_service]